武蔵野市で、青春をテーマにした短編映画祭を開催いたします。
コンペティション部門のノミネート作品をはじめ、招待作品などを上映します。映画漬けの時間をともに過ごしましょう!


2014年9月27日(土) @武蔵野スイングホール
入場料:500円
※入場料の一部を、東日本大震災への義援金として寄付させていただきます。

場所:武蔵野スイングホール ※JR武蔵境駅徒歩2分
東京都武蔵野市境2丁目14番1号 TEL:0422−54-1313

過去の映画祭について



4/15(水) 作品募集開始しました。




下記の内容で映像作品を募集しております

テーマ:「青春」
■時間 :15分以内

■締切:7月31日(木) 消印有効
■応募資格 :不問。プロでもアマでも、アニメでもCGでも審査対象となります。
 (注意)過去に本映画祭に応募された作品は対象外です。
■各賞と賞金 :ノミネート作品6作品を本映画祭にて上映。その中からグランプリ作品(金一封)をはじめ、複数の賞を用意。
■提出物
1、作品が入ったDVD-R(2枚)
2、応募用紙 ※こちらからダウンロードしてください。
3、審査料 1,500円(郵便為替のみ受付)
 (注意)郵便為替の宛先に「株式会社アールグレイフィルム」と必ず記入ください。
■送付先
〒160-0022 東京都新宿区新宿1−30−10 コンドウ第2交栄ビル2F
株式会社アールグレイフィルム 武蔵野映画祭事務局 宛
電話:03-3353-5331



篠原哲雄(しのはら てつお)
1962年生まれ。明治大学法学部卒。助監督をしながら自主制作映画を手がける中、89年、
「RUNNINNG HIGH」がPFFで特別賞受賞。93年、「草の上の仕事」が神戸国際インディペンデント映画祭で
グランプリを受賞。96年、「月とキャベツ」で劇場用長編作品デビュー。代表作品:『はつ恋』、『命』、
『深呼吸の必要』、『地下鉄(メトロ)に乗って』、『真夏のオリオン』など。

武正晴(たけ まさはる)
1967年生まれ。明治大学卒業後、映画業界の道に進む。井筒和幸監督等多くのベテラン監督達に師事し、
「ボーイ・ミーツ・プサン」 ('06)で監督デビューを果たす。その後、「夏美のなつ いちばんきれいな夕日」('06)、
「カフェ代官山 〜SweetBoys〜」、「カフェ代官山2」、「花婿は18歳」、「カフェ・ソウル」と立て続けに作品を
発表し、ぶれない演出に定評がある。
杉山すぴ豊(すぎやま すぴ ゆたか)
1964年生まれ。広告会社のシニアクリエティブ ディレクターの職につきながら、映画ライターとして活躍。
アメコミ・ヒーロー映画、SFアクション映画に強く、多くの雑誌、劇場パンフレット、映画サイト等に執筆。
米バラエティ誌に、日本を代表するスパイダーマン・フリークとして紹介されたこともある。また映画ビジネスでは
平成ガメラ・シリーズ等に関わる。「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」にCMディレクター役でカメオ出演



  



 Copyright (C) musashino-ff. All Rights Reserved.