エステで基本を見直す

フェイシャルエステは、失った肌のハリやみずみずしさを取り戻し、本来の正常な状態にするものです。つまり、肌の健康のために行うものとも言えるでしょう。では、このフェイシャルエステは、どのようの方法で行うのでしょう。

基本的な流れとしては、クレンジングから始まり、洗顔、保湿となります。このような洗顔は自宅でもできますが、そこはやはり美容のプロであるエステ、自宅で行うよりもはるかに高いレベルでの洗顔をしてくれます。このとき、クレンジングと洗顔で、肌の老廃物を完全に取り除きますが、スチームを使ったり、あるいはイオン導入やLED照射など自宅ではできない方法で行ってくれます。

洗顔の後は、マッサージで肌の血行を促します。こうすることで、肌に栄養が行き渡り、健康的な肌が蘇るというわけです。もちろん、洗顔では落ちなかった角質などの老廃物をここでしっかりと除去し、その後保湿となります。保湿方法としては、パックやローションでとなり、サロンによってはその店オリジナルのローションがあり、それを購入することもできます。このようにフェイシャルエステは肌にとって基本的なことをしっかりと行うものです。つまり、そこには普段の生活習慣を見直すことも含まれているのです。エステだけに頼らず、そういった点にも気を付けてください。

フェイシャルエステの効果

フェイシャルエステの目的としては、肌の調子を整えることと、血行をよくすることです。皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」で構成されています。その「表皮」も4つの層からできていて、この層は、下から順次上へと押し上げられ、定期的に肌が入れ替わるようになっています。これがターンオーバーで、元々健康な肌であれば、これが正常に行われます。しかし、ストレスや生活習慣の乱れ、そして経年によってこのターンオーバーは正常に働かなくなってくるのです。

このターンオーバーを正常に戻すために、フェイシャルエステはとても効果的です。古い角質を取り除き、肌の血流を活発にすることで、老廃物が剥がれていきます。その結果、栄養分が届きやすい新鮮な肌が現れてくるのです。こういった効果がフェイシャルエステで得られるのです。

また、マッサージなどで肌に軽い刺激を与えることで、たるみなどに効果があります。もちろん、気になるほうれい線や小皺も改善され、ハリと潤いのある肌が蘇ってくるのです。化粧のノリもよくなりますし、肌の色自体も明るくなる実感があるはずです。肌トラブルやコンプレックスに悩まされている人は、月に2度程度フェイシャルエステの施術を受けることで、それらが解消されるのです。